社会福祉法人 土佐厚生会
  • 小
  • 中
  • 大

土佐厚生会のお知らせ

こくふのご案内

 当施設は、障害者自立支援法による新体系事業への移行に伴い、平成24年1月1日より身体障害者療護施設国府寮から障害者支援施設こくふに事業移行を致 しました。 当事業所では、「生活介護」ならびに「施設入所支援」を提供します。 障害者支援施設は、日常生活上の支援が必要な障がいのある人が主として夜間において介護等を受けるとともに、日中は生活介護等の生活能力向上のための事業 所です。 当サービスの利用は、原則として障害者自立支援法における自立支援給付等のうち介護給付の支給決定を受けた方が対象となります。

障害者支援施設 こくふ

施設長のあいさつ

 当施設は、周囲を山や川、田畑に囲まれ高知自動車道南国ICまで5分の距離という、緑と交通の便に恵まれた環境の中にあります。
 障害者の方が日常生活を営むに当たり、必要な介護を受けながら、自立した生活また社会参加ができるよう総合的に支援する事を目的としております。
 障害者福祉を取り巻く環境が、めまぐるしく変化する中で、利用者様の個別支援計画を基に提供するサービスの質の向上に向け、利用者様の安心・安全を確保しながら、利用者様、家族様の声や気持ちに寄り添える支援が行える施設づくりを目指しております。

障害者支援施設 こくふ
施設長 後藤 ふじ子